FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンド追求の旅 2

昨年買ったFenderのBlues Jr IIIですが、ここ最近はイマイチ自分の中で盛り上がりに欠けている。
実際に良いアンプの部類だとは思うのです。値段が安く、運びやすく、音量もあるし、頑丈。
でも、究極かと言えば、決してそうではない。
もう少し納得出来る域に持って行きたいのが人情ではないだろうか。

出力小さいから仕方ないけれど、ステージ内での音の聞こえ方は会場によって全然違う。
使い込んでエイジングも進んでいるけれど、ギャンギャンする感じも特に無くならない。

んで、アキマさんの試奏会で思ったのが、スピーカーの種類で全く音の印象が変わるという事。
これまでは真空管の種類での先入観が少なからずあった。
EL34はブリティッシュな感じだとか、6L6が個人的に好き!とか思ってたのです。

でも、試奏してて、これは好みだなーと思ってスペック見たら、管はEL34だったりとか。
うむ、奥が深すぎるぜ、真空管アンプめ。

ということで、リプレイス用のスピーカー調べてみたら、出てくる出てくる。
すんげー種類があるのですよ。こりゃ困った。どれを選べば良いか分からない!
しかし、現代は便利なもので、メーカーサイトやYoutubeで比較/試聴出来たり、レビューが載ってたり。

色々比較検討して、今回選んだのは、EminenceのTHE TONKER。
http://www.eminence.com/speakers/speaker-detail/?model=Tonker

最近の限定Blues jrに乗ってるTHE WIZARDと悩んだけど、決め手は許容入力の大きさ。
とりあえず、あまり歪ませずに音量を稼ぎたいのです。
唯一気になるのが、これは所謂ブリティッシュ系なんだけど、好みに合うかしら?

ということで、乗せ換え作業。まずは裏蓋を外します。
20120707
SPケーブルは手作りベルデン。

基盤のあるユニットやリバーブも外します。
20120708
純正SPはEminenceデザインのLighting Bolt。

コンパクト設計故、全部バラさないとSPが外せないのです。
20120709
キャビは思ってたより全然軽い。

ほい、THE TONKERですよ。通販先には1ヶ月待ちとあったのに、2日で届いた。
20120710
これがまた、純正と比べてめちゃ重い!

止めるネジは3本だけ。大丈夫かいな?
20120711
んで、ユニットなどを取り付けて作業終了!

チラ見してる赤いユニットが憎いぜ。
20120712

肝心の音ですが、まだ自宅でしか弾けてないので、肝心な部分は全く分からない!

そんな状況ですが、音質の雰囲気は何となく良いです。ちょっとクリーミーになったかも。
MASTER下げつつVOLUME上げた時の歪みの感じも、ギラつきが減った感じ。
まあ、歪ませて使わないんだけどね。

実用で行けるアンプに変わるのか。こればかりはTrial and Errorですなぁ。

英語サイトですが、Blues jrの情報はここが一番です。
http://billmaudio.com/wp/

スピーカーの相性のレビューもあるでよ。
http://billmaudio.com/wp/?page_id=295
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

限界を感じて里子に出すなら我が家へ。待ってるよ〜ww。つーか、SG。。。
プロフィール

U-1エース

Author:U-1エース
Goggle-A
http://www.goggle-a.com/

Twitter
https://twitter.com/u1ace

Myspace
http://www.myspace.com/gogglea

1975年11月21日生 京都府舞鶴市出身

Twitter
 
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。